「寝たきり」あるいは「歩行困難」で通院が困難な方に、医療上マッサージを必要とする症状(筋麻痺・関節拘縮等)に対して、医師の同意に基づき、国民健康保険や社会保険等の医療保険制度を利用して在宅で受けられるマッサージ治療です。
専門的マッサージとリハビリによって、ADL(日常生活動作)を改善していくことで寝たきりを防ぎ、QOL(生活の質)の向上に繋がるよう支援することが、訪問(在宅医療)マッサージの目的です。
医師や看護師、理学療法士(PT)、ケアマネージャー、ヘルパーなどの皆様と連携をとりながら、「医療を補完する役割」を担う立場として患者様の療養生活を支える力になりたいと考えています。
訪問マッサージは医療保険利用のため介護保険に影響はありません。デイケアや訪問リハビリとも併用できます。
リハビリをもっと受けたい方で、介護保険の点数がいっぱいでリハビリ回数を増やせないかたにも、代用として訪問マッサージでの運動療法はお役に立てると考えています。
実際そういった利用者にも喜ばれております。

 

付加サービス(訪問リハビリの代用として)

介護事業所においてケアプランに介護保険外サービスとして追加することができます。

 

要介護者の重度化防止策の一つとして、利用者のケア充実と利益(改善)を供給するために取り組まれると、多くの利用者やその家族に大変喜ばれるサービスだと思います。
※これまでのサービス(介護保険)+新サービス(療養費)として貴所利用者へ提供できます。

 

その他、それぞれの症状に合わせて最適な施術を行い、ADL・QOLの向上を図ります。